人気ブログランキング |

読書欲

最近、読書欲がわいてきてやたらと小説が読みたくなったので、
今日書店に行き面白そうな小説を選んでいた。

本屋と言うのは何時間いても結構飽きないものだ。
大学生協の書店に行ってきたのだが、
改めて色々手にとってパラパラめくってみると、実に色々な本が置いてあることに気づく。
そして、そのどれもが興味深いように思えた。

多分、僕が今日気になった本はどれを読み始めてもそれなりに楽しめそうな気がする。
今日買ったのは

山本文緒 「プラナリア」

どうやら直木賞受賞作らしい。
いろんな人(女性)の日常を描いた短編小説だ。
今日2時間くらいかけて半分ほど読んだが結構面白かった。

こういった小説らしい小説を読むのも久しぶりだ。
大学2年の頃、友達にすすめられて宮部みゆきの作品を読み、それにはまって古本屋で買っては読んでいたが、それ以来だろうか?

ここ何年間か忙しくて、というか読む気がしなくて小説など読んでいなかったのだが、
春先ぐらいに読んだ市川拓司の「いま、会いにいきます」「そのときは彼によろしく」「弘海」、
それに続いて先日読んだ「ハッピーバースデー」と読んでいるうちにまた読書欲が芽生えたのだ。

さっき思ったのだが、世の中やってみると面白いことっていっぱいあるとおもう。
小説は読んでみれば面白いものばかりだし、ドラマは見始めると面白かったりするし、映画だって見てみたらはまるものはたくさんあると思う。
ただ、僕の場合、その読み始めたり、見出したりすることの第一歩がどうも腰が重くてなかなか踏み込めない。時間的に余裕がないのも一つの理由かもしれないが、もうちょっと貪欲に色々試してみてもいいのかもしれない。

そして、このことは研究に対しても当てはまりそうな気がする。もうちょっとスマートに色々やれないものだろうか?手際が悪いのも困りものだ。
by kazumi_phys | 2005-11-05 00:55 | 日記
<< OB飲み会 GAPサイズ >>



よく物忘れをするkazumiの日常を綴ったブログ
by kazumi_phys
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31