人気ブログランキング |

論文英語

最近、書いてるところですが、
論文特有の英語表現とか、普通の文章では使うんだけど、論文では普通は使わない表現とか色々苦戦しております。

■よく使ってる有用な辞書サイトは
地球人ネットワークを作るアルク:スペースアルク

です。

単語の意味だけではなく、例文もでてくるので、使い方とかがよくわかって非常に便利です。


■単純な辞書サイトとしては
goo辞書
エキサイト辞書

なんかがありますが、こちらは発音も聴けます。英会話の予習とかでよく使っています。


論文英語の方に話を戻すと、
実際に書いてて結構まようのが、
"on" とか "for" とか "to" とかの前置詞の使い方です。
これについては、いい方法を考えました。
それは、"Google Scholar"を使うことです。

こいつはかなり使えます。

ただの"Google"でもいいんだけど、
"Google Scholar"は学術論文検索専用の検索エンジンです。
まだ、ベータ版らしく、
ついこの前後輩が使ってるのをみてその存在を知りました。
ベータ版といっても普通に使えます。


で、論文英語ですが、
とりあえず、この動詞にはこの前置詞かな?
的なものを適当にいくつか推測して、フレーズで検索します。
例えば

「電磁場に対する応答」

としたいときには、

"response for electromagnetic field" とか
"response of electromagnetic field" とか。

"....."で囲むと囲んだ内容のフレーズで検索してくれます。

それで、
全然ヒットしなかったら「これは一般的ではないのだな」
たくさんヒットしたら「これは正しい英語だな」と考えるわけです。

この方法で、複数の"s"
"the"をつかるか"a"をつけるか、または何もつけないのかや、
こうゆう単語の組み合わせの専門用語ってあるのだろうか?
とかを判断しています。

結構使えます。

ちなみに、
*「任意の単語」として使うことができて、
例えば"response * electromagnetic field"とかしておけば、
*に何か、the でも a でも of でも入るフレーズがあればヒットします。

なので、これを用いると
前置詞が分からないときも、
正しいやつがバーっとでてきていいわけです。

そんな感じで、とりあえず後ひといき頑張ります★
by kazumi_phys | 2007-01-24 19:25 | 日記
<< ぼくドラえもん 記念ライダー1号2号 >>



よく物忘れをするkazumiの日常を綴ったブログ
by kazumi_phys
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

ライフログ

フォロー中のブログ

気になるページLink

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧