人気ブログランキング |

ノーベル物理学賞

前から候補にあがっていたけど、今年やっととりましたね。
小林・益川さん。
南部さんも一緒にとったのはちょっと驚きでしたけど、
それだけの仕事はしてますからね。

もう、しばらく素粒子から離れてるし、本気では勉強しなかったからうる覚えだけど、
小林・益川さんは小林益川行列でクォークが3世代(計6種類)以上あれば、CP対称性の破れを説明できるとか言うのだったかな。

Cはチャージ(charge)変換でPはパリティ(parity)変換ですね。
これを同時にやっても理論が普遍だとCP対称性があるとかいうけど、
実際にはこの対称性がやぶれている現象が見つかっていて、このことから、粒子と反粒子の数が同じじゃなくてもよくて、世の中は大半が反粒子ではなく粒子でできているのはなぜかと言う説明になるとか。

南部さんのは南部・ゴールドストンボソンで有名ですが、
質量のない電磁場が超伝導中では自発的対称性の破れが起きて、ゴールドストンモードとして質量を持つことで電磁場が超伝導対中に入れなくなるとか。

3人とも理論物理学者としてすばらしい仕事をしてきたと思います。
受賞おめでとうございます(^^)
by kazumi_phys | 2008-10-09 00:13 | 日記
<< ミックスジュース 日本薬学会 >>



よく物忘れをするkazumiの日常を綴ったブログ
by kazumi_phys
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31